在宅ワークの問題は住所と電話番号

SOHOや在宅ワーク事業者として起業する際、一つの問題が「住所と電話番号」となります。仕事環境自体は自宅内で完結できるものの、打ち合わせや会議の際の場所が無い、家族と共用で電話回線を利用すると言う場合においては何かと不都合も多いのではないでしょうか。 大阪で事業を展開される場合、一つの方法としてバーチャルオフィスを利用すると言うものがあります。バーチャルオフィスでは住所の貸し出しだけでなく、転送電話・FAX機能、私書箱を利用した郵送物の転送などもできる他、事前予約をすることで貸し会議室としても利用することができます。 家族がいながら自宅で業務を行う場合などでは不都合なことが多いため、格安で利用することが出来るバーチャルオフィスには多くの注目が集まっているのです。